赤と黒

STORY/ストーリー

幼い頃、無理やり親から引き離され、巨大財閥ヘシングループの後継者“ホン・テソン”として総帥、ホン会長の寵愛を受けて育てられたシム・ゴヌク(キム・ナムギル)。しかしDNA鑑定で本人ではないと判明すると野良犬のように容赦なく捨てられた。自分の人生を滅茶苦茶にしたヘシングループへ復讐を果たすため、長く緻密な計画が秘かに始まった。
ヘシングループ会長の次女ホン・モネ(チョン・ソミン)は、偶然に出会った妖しい魅力を秘めた謎の男に心を奪われてしまう。謎の男こそ、成長したゴヌクであった。ゴヌクとの出会いを運命だと信じるモネと、ゴヌクを危険視するモネの姉、長女ホン・テラ(オ・ヨンス)。姉妹とゴヌクを巡る危険な恋の駆け引きが始まる・・・。
一方、シン会長夫人が主催する美術展示会の準備に没頭するアートコンサルタントのムン・ジェイン(ハン・ガイン)は、グループの次男、御曹子ホン・テソン(キム・ジェウク)に狙いを定めていた。目的は、憧れのセレブ生活を手に入れること!
しかしモネのついたウソによってゴヌクのことをテソンと思い込んでしまったジェインは、偶然を装いゴヌクに近づいていく。“ホン・テソン”という名を奪われた男、“ホン・テソン”という名を与えられた男、そして“ホン・テソン”に近づく女。3人が出会ったとき、ついに運命の歯車が激しく動き出す